乗り物

性能やゴムの性質

自家用車

スタッドレスタイヤを選ぶ時には、性能をしっかりと見ておくことが大切です。他にもゴム質やグリップ力などを比較して選びましょう。さらに路面がどのような状態になっているのかをしっかりと知っておくことも大切です。

Read More...

雪の性質に合った

自家用車

スタッドレスタイヤを選ぶときには、雪の性質を考えて作られた国内メーカーの物が良いです。最近では、安く売られていることが多くあるので、しっかりと見つけて購入するようにしましょう。

Read More...

履き替えのタイミング

自家用車

ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに履き替える時には、良いタイミングを知っておくことが大切です。新品のスタッドレスタイヤになると走り慣らしを行うことが大切になります。

Read More...

冬の時期に頼りになる

自家用車

車を運転するときには、安全にドライブすることが大切になります。そのためにもタイヤなど、走りに直接関係してくる部品は、しっかりしたものを選びたいものです。タイヤには、各車種によって適切なタイヤがあります。その中でもたくさんの種類があり、選ぶ時にどうやって選べばいいのかわからない事もあります。タイヤの中には、スタッドレスタイヤなどもあり、冬の時期にとても役に立つタイヤがあります。
スタッドレスタイヤは、スタッドがないタイヤのことで、雪山や凍った道路等を安全に走行することができるタイヤになります。一昔前までは、スパイクタイヤが多くありました。スパイクタイヤは、タイヤに鋲がついており、凍った道路でも鋲のおかげでスリップなどを防ぐことができていました。しかし、スパイクタイヤでは、凍っていない道路を走ってしまうとアスファルト舗装を壊してしまう問題がありました。そういった問題を解決して出てきたのがスタッドレスタイヤになります。
鋲がなくなったスタッドレスタイヤでは、様々な技術が盛り込まれたタイヤになっており、冬の路面でも安全なドライビングを楽しむことが可能になりました。

スタッドレスタイヤは、夏タイヤと何が違うのかというと、ゴムの質が違います。スタッドレスタイヤは、大雪などの冬道でも性能を発揮することが必要になるので北日本などの低温域でもゴムにしなやかさがあります。また、滑りの原因となる氷の表面に出来る膜を除去するためにいろいろな工夫がされています。これがスタッドレスタイヤの特徴です。

Copyright ©2015 どんな雪山でもスタッドレスタイヤで安全にドライブ|もうスベらない All Rights Reserved.

Downloaded from: freewebtemplates.com